April 12, 2020

CEP代表 斉藤 大法は、全国日蓮宗青年会海外布教研修委員会の野田 寛行 上人より 【第10回海外布教講演会】の講師として依頼を受け、去る令和2年3月26日 東京小伝馬町にある 身延別院にて「Cambodia Empowerment Project ~仏教による心と社会つくりのチャレンジ~」と題して講演を致しました。

新型コロナウィルス感染拡大を受け、急遽寺院内施設を改め、道を挟んだ換気の良い集会所の一室で行われました。参加人数もぐっと減って7人くらい。でもウィルスを吹っ飛ばすくらい熱気に満ちた講演会でした。

<講演内容の概要>

  1. ...

November 30, 2019

去る11月4日、一宮市の総合大雄会病院にて尾張社会教化事業協会主催の「こころといのちの講演会」が開催され、CEPの活動とは直接関係ありませんが、当団体代表の斉藤大法上人が、僧侶という立場から現在の医療の問題点について講演しました。

講演の様子が日蓮宗新聞のウェブ記事で紹介されました。

http://news-nichiren.jp/2019/11/04/23847/?fbclid=IwAR367cEqGh36bDO7Q2i-pXitaC4ABr7Yvy-stDzWeYTEqSOWvkn9VlovVbk

October 7, 2019

Krousa Thmey という団体が運営する2ヶ所の孤児院を訪問し、子供たちに衛生教育や命の 教育を実施しました。 今回訪問した時期はちょうどカンボジアのお盆にあたり、残念ながらほとんどの児童は故郷 に帰省したりなどしていて留守でしたが、どこにも帰るあてのない一部の子供たちが残っており、その子供達に少しでも楽しい時間を過ごしてもらいたいと思い伺いました。

1ヶ所目はタクマオ市街にあり、小ぎれいなバンガロー風の建物と、綺麗に整備された庭があり、バンガロー風の建物は男女別の宿舎になっているとのこと。児童の人数は40名ほどでよく管理されて...

October 7, 2019

今年はプノンペン郊外のタクマオという町に新しくできた PUC の校舎と、学長 Kol Pheng 氏 のご自宅を訪ねてお話をすることができました。 今回もいつものように通訳としてヘインさんが参加してくれた他、スナダイクメールのスレイ マオさん、テリーさんが同行してくれました。

学長のご自宅はとても閑静な所で、広く美しい庭に仏陀の彫像が鎮座した素晴らしい邸宅でし た。学長はお忙しい中にもくつろいだご様子で、お元気そうにされ私たちを歓迎してください ました。まず大法上人から再会を喜ぶご挨拶と、新校舎設立のお祝いを申し上げ、学長からも また...

October 7, 2019

今回のCEP農業支援プロジェクトは、精米機を届けていなかった残り1ヶ所のタグネン村へ の精米機設置と、

米銀行全体ミーティングの開催です。
9 月 24 日の朝バッタンバンの街からタグネン村へ向けて出発。 数日前まで大雨が降り続き、道も水で溢れたと聞いていたので、道路の状態が心配でしたが、 思いがけず好天に恵まれ、スムーズに行くことができました。

タグネン村は米銀行の参加者も多く規模が大きいので、これまで各村に導入された精米機よ り大きく精巧な作りのものを、パートナーのキエさんに準備してもらいました。 新しい精米機はリーダーの Wan...

December 23, 2018

7月に初めて訪問しとても好印象だったパンニャ・サストラ大学、2度目の訪問となる今回は、代表斉藤大法師と学長との対談、及びボランティア有志との交流・座談会を実施しました。

⑴ Kol Pheng学長面談

毎日何人もの来客と面談しご多忙を極める中、私たちとの面談に時間を割いてくださったことに大変感激しましたが、彼が私たちの待つ部屋に入ってくるなり、靴を脱ぎ大法上人の足元にひざまずいて挨拶されたことに、とても驚きました。学長の僧侶に対する並々ならぬ尊敬の念を感じさせる瞬間でした。

<大法上人のお話要旨>

  • 私はCEPの代表、また一仏教僧とし...

December 20, 2018

この村への訪問は今回で4度目となり、村人や子供たちと再会するのを楽しみにしていまし たが、行ってみると村の道路が広くなっていたり、以前の竹とヤシの葉で作った学校がなく なっていたりと様変わりしており、変化の速さにびっくりしました。

この日は日曜日で学校はお休みでしたが、先生がマイクで呼びかけて下さっていたため、1 00人ぐらいの子供たちが待っていてくれました。

韓国のNGO‘KOICA’の支援で建てられたという新しい教室に集まり皆で元気にご挨拶、スレ イマオさんの先導で、一緒に歌を歌ったり英単語のゲームをしたりしました。 続けて持参した...

December 19, 2018

今年2度目となる今回の訪問は、前回と同じコンポンチュナン州とコンポンスプー州の各村を訪ね、

精米機の評価測定と視察を行いました。

①コンポンチュナン州スレプレイ村

2018年実績(第8期)60家族 収穫量未定

前回導入した精米機はPhorさんの家の納屋に設置されており、作動時に動かないよう下部をレンガとセメントでしっかり固定してありました。精米の精度も上がっていましたが、どうしても3割ほど破米が出てしまい、やはり小型の精米機は限界があるようでした。

そのため精米した米は販売用ではなく、自家消費用にしているとのことでした。

精米に伴って出る籾殻や...

July 31, 2018

スレイマオさんの紹介で、今回のカンボジア訪問中急きょ決まった訪問で、

思いがけず学長のKol Pheng氏との面談が叶いました。

大学を訪問する前に、アシスタントのKa ThearithさんMoen Savoeunさんとお会いし、有志の学生を集めたユースクラブの話を伺ったところ、素晴らしい活動をされていました。

彼らはカンボジア全土に若者のネットワークをつなげ、主に環境保護に着目した活動をしているそうで、地方の村に行き植林や、一緒にご飯を作って食べるなどの交流をしながら、子供達に自然の大切さや保護のし方を教えているとのこと。

Loving(...

July 31, 2018

今年度も日蓮宗様より補助金をいただき、

引き続きCEPの農業支援プロジェクトを行いました。

今回はコンポンチュナン、コンポンスプーの村に精米機を届け、

実地にテスト稼動をしてもらいました。

  • コンポンチュナン州スレイプレイ村(リーダーPuth氏)

  • 2017年実績(第7期):50家族 収穫量7,800kg

現在は村人の80%が米銀行に参加しているとのこと、収穫も安定している。

参加者の中には、米の代わりに現金で利息分を収める人がおり、そのお金が徐々に貯まって現在では1,500ドルほどのストックがあるとのこと。

逆にこのお金で種...

Please reload

Featured Posts

パンニャ・サストラ大学(PUC)再訪・学長面談とミーティング(2019年9月26日)

October 7, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts