こころといのちの講演会

去る11月4日、一宮市の総合大雄会病院にて尾張社会教化事業協会主催の「こころといのちの講演会」が開催され、CEPの活動とは直接関係ありませんが、当団体代表の斉藤大法上人が、僧侶という立場から現在の医療の問題点について講演しました。

講演の様子が日蓮宗新聞のウェブ記事で紹介されました。

http://news-nichiren.jp/2019/11/04/23847/?fbclid=IwAR367cEqGh36bDO7Q2i-pXitaC4ABr7Yvy-stDzWeYTEqSOWvkn9VlovVbk

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags