チュンポゥプレック村再訪問(2018年11月25日)

この村への訪問は今回で4度目となり、村人や子供たちと再会するのを楽しみにしていまし たが、行ってみると村の道路が広くなっていたり、以前の竹とヤシの葉で作った学校がなく なっていたりと様変わりしており、変化の速さにびっくりしました。

この日は日曜日で学校はお休みでしたが、先生がマイクで呼びかけて下さっていたため、1 00人ぐらいの子供たちが待っていてくれました。

韓国のNGO‘KOICA’の支援で建てられたという新しい教室に集まり皆で元気にご挨拶、スレ イマオさんの先導で、一緒に歌を歌ったり英単語のゲームをしたりしました。 続けて持参したお土産の文房具や歯ブラシ、絵本などを配り、衛生管理と歯磨きの指導をし ました。 パートナーのスレイマオさんは、私たちが作った衛生管理ポスターや歯の模型を使い、とて も上手に子供たちに教えてくれました。

衛生教育は、毎度同じことでも繰り返し伝え、子供たちに習慣づけることが大切なので、こ れからも可能な限り続けていきたいと思います。

綺麗な新校舎の周りには、事務所やトイレ、子供たちの遊び場までできており、ここもすっ かり様変わりしていました。引退した学校の先生がこれらの施設をきちんと管理されている とのこと、この村の人たちは、子供のための教育、その他あらゆる環境を整える努力を惜し まず、本当に子供を大切にしているのだと改めて感じました。

マーチさんの奥様の心づくしの料理をご馳走になった後、午後からはソパックさん主催の婦 人会の会合に出席させていただきました。 若いお母さんたちのグループで、妊娠や出産にともなう母子の保護や乳幼児の健康のために、 必要な知識を学んだり、お互いの経験を共有しているとのこと。今回は病院の先生を講師に 招き、妊娠時のメンタルケアや検診の重要性についてお話しされていました。

お母さんたちからは、出産後すぐまた妊娠してしまうので大変との話や、夫がお酒を飲んで いるのは子供に影響があるか、などの質問も出され、代々の親族が一緒に住んでいる大家族でも、正しい知識や情報を教える人がいない事実が浮き彫りになり、このような勉強会を定期的に開くことは非常に意味があると感じました。

この婦人会のプロジェクトはスイスの NGO に支援されているそうで、他にも海外から様々な 人が関わっているようでした。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Cambodia Empowerment Project (CEP)

〒111-0053

東京都台東区浅草橋3-33-6-500

info@cep-ngo.net​

​Copyright(c) 2016 Cep-ngo All rights Reserved

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Metallic