April 1, 2018

Please reload

Recent Posts

パンニャ・サストラ大学(PUC)再訪・学長面談とミーティング(2019年9月26日)

October 7, 2019

1/2
Please reload

Featured Posts

IFL王立プノンペン大学日本語学科講演会

January 1, 2017

 

2016年12月8日の午後2時〜、昨年同様プノンペン大学日本語学科のクラスで講義させていただきました。

今回参加してくれた学生は、ほとんどが初めての参加者でしたが、私たちのパートナーとして活動しているSna Dai Khmerのメンバーと、宗教省秘書のHang Vandet氏をお呼びし、彼らの目から見たカンボジアの現状と、活動紹介などをしてもらいました。

 

若い女性4名のグループSna Dai Khmerの活動は、タケオ州チュンポゥ・プレック村での教育支援を中心としており、村の学生によるボランティア教師の養成、英語や伝統舞踊の指導、児童図書館の開設などを行っています。

この村は自分たちで資材を持ち寄って学校を建てたり、人力で池を掘ったり、村内で共済組合のようなものを組織したりと、村人の結束力や、自分たちの力で村を良くしていこうという意欲があるコミュニティで、彼女たちも初めは村人から子供たちに良い教育を受けさせたい、という要請があり、支援を始めたとのこと。

子供たちが等しく、必要な正しい教育を受けることができれば、彼らの将来の可能性が広がり、豊かで幸せな人生を歩むことができる、そしてそれは村全体の発展にもつながるので、教育はとても重要であるということ。

自分たちがこの活動をしているのは、人のために愛をもって何かをするということが喜びであり、それは仏教の布施の精神にもつながっている、そのようなボランティア精神で、人や社会のために何かできることをしよう、という若い人がもっと増えてくれることを祈っている、とのお話に、とても感銘を受けました。

 

 

 

 

 

2人目の発表者Hang Vandet氏のお話は、政治、経済から宗教、文化、社会などとても多岐にわたり、現在のカンボジアの状況を解説されていました。

中でも政治の話題では数年前の選挙時に不正があったことに触れたり、現在の宗教や仏教者が一般の人々に開かれていないこと、そのため都市部の近代化とともに人々のモラルが低下していることなどをかなり大胆な指摘されており、少し驚きました。

そして最後に、学生に望むこととしてお話しされたメッセージ、自分の心と体を大切にしてほしい、何かを学ぶ時に自分から疑問や意欲を持ってとことん学んでほしい、そして人や社会のために何かしてほしい、という言葉がとても印象に残りました。

 

最後に私たちCEPの発表になりましたが、時間がかなり押していたこともあり、活動紹介は省略して、はじめ岡田氏から本当の幸せと快楽の違いについて質問を投げかけた後、斉藤師から社会活動やボランティアの基礎となる布施の精神について、基本的な説明をさせていただきました。

布施の目的は、個人的には仏になるための行であり、全体的には社会が育つためにあるということ、布施とは、離しがたい執着心を手放すことにより、小さな自分を超えて仏という大きな自己へと成長するための修行であり、単に手放すだけでなく、そのことにより他の人々に恵みを与え喜びを共有できる大きな幸せの道であること。

そして布施をする時の心がけなどを解説し、概要を書いた資料を配って説明しました。

学生たちは、時に笑ったり相槌を打ったりなどしてとても熱心に聞いていましたが、その後質疑応答の時間になると、学生の側からはほとんど質問は出ず、彼らがどこまで理解してくれたかの手応えは得られませんでした。

最後に私たちが取り組んでいる、平和のアクセサリーを使ったピースプロジェクトの説明をし、今あるカンボジアの平和は、長い苦難を乗り越えてはじめて手にすることができたこと、この平和を一人一人が大事にしていかなければならないのだ、というお話をして会を締めくくりました。

 

 

 

 

Sna Dai KhmerとHang Vandet氏の発表はクメール語で行われ、私たちが発表するときにはヘインさんがクメール語に通訳してくれました。へインさんの通訳はときに大きなジェスチャーや冗談で皆を笑わせたりしながら、面白くお話ししてくれたようで、彼の明るい性格や温かい人柄に、これから若い人の牽引力となるべき力強さを感じました。

振り返れば全体としては様々な内容を含んだ興味深い講義になったと思いますが、時間配分の点では大いに反省すべきところがある講義となりました。

 

また今回は担当のニピセット先生だけでなく、学科長のラクシュミー教授がたまたま日本から一時帰国されており、少しの時間でしたが直接お話しし、寄贈の教科書をお渡しできたことも良かったと思います。学科長とのご縁を繋いでくださり、講義にも参加してくださった奥村さんにも感謝します。

 

今後も毎年このようなイベントを開催し、プノンペン大学の学生と交流を深めたり知識を共有したりする機会を持ちたいと思います。

 

 

 

参考/配布資料:CEP説明…私たちの活動内容や理念などを簡単に説明しました。

        布施…布施の本来の意味や行としてどのようにとりくむべきかなどを簡潔に解説

Please reload

Follow Us
Please reload

Search By Tags
Please reload

Archive
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square